気持ちの良い洗い方

冬の時期や梅雨の時期は、部屋でバスタオルを干すことが多くなりますよね。
乾燥機があれば便利ですが、まだ乾燥機がないご家庭も多いのでは?
我が家も乾燥機はありません。
こないだ買った洗濯機に「風乾燥」機能があったことに感動したくらいです。
そんなことは置いといて、部屋でバスタオルを干すと、臭いが気になりますよね。
洗剤たっぷり柔軟剤たっぷり入れたにも関わらず、生乾きの臭いというかなんというか・・くさい。
せっかくお風呂に入ってスッキリしても、バスタオルが臭いとガッカリですよね。
そんな悲しい事態を防ぐために、ふんわりしていい香りがする洗い方をご紹介します。
良いバスタオルを使うと、一日の疲れもとれるような気がしますよね。

まず、タオルは洗う前に乾かしてください。
使った後のものをすぐ洗うのはよくないですよ。
雑菌が繁殖したまま洗っても臭いはなくなりません。
乾燥させるだけでも雑菌は減るので、必ず乾燥させてから洗ってくださいね。
これだけでも結構変わるんですよ。

部屋干しになると分かっているときは、できるだけ漂白剤を入れるようにしてくださいね。
漂白剤を入れると、臭いを防ぐことができます。
また、臭いがキツイものは、洗濯したあと、漂白剤でつけ置きしましょう。
1時間ほどしっかりつけ置きして、しっかりすすいで天日干しすれば、臭いは気にならなくなると思いますよ。

私もこれらの方法を知ってから、同じように洗っているのですが、臭いが気にならなくなりましたよ。オススメです!






What's New

2013/02/13
新着情報3を更新。
2012/11/14
新着情報2を更新。
2012/04/05
新着情報を更新。
2011/9/02
新着情報を更新。
2011/9/02
バスタオルの巻き方を更新。
2011/9/02
タオルの素材を更新。
2011/9/02
バスタオルなんでも紹介所を更新。
2011/9/02
ホームページリニューアル
新着情報 | バスタオルなんでも紹介所 2011年12月05日